近鉄河内花園駅前すぐ

072-961-2176

初診WEB受付
はこちら

胃カメラ検査

胃カメラ

胃カメラ検査

胃カメラ

一般的に胃カメラと呼ばれている主に胃内の様子を調べる検査機器は、正式には上部消化管内視鏡と言われています。直径1cm未満の細長いチューブの先端にはCCDが内蔵されており、この機器を鼻および口から挿入することで、食道や胃内などの内腔の様子を確認できるようになります。CCDが捉えた映像はリアルタイムでモニタを通して医師はもちろん被検者の方(患者様)も見ることができます。また病変と思われる組織については、撮影だけでなく、一部を採取して顕微鏡による検査を行うこともあります。

経鼻内視鏡による検査

なお、胃カメラには鼻から内視鏡を挿入する経鼻内視鏡と口から挿入する経口内視鏡の2種類がありますが、当院では経鼻内視鏡検査になります。経鼻では、鼻の穴に入りやすい直径7mmほどの細いファイバースコープを使用します。経口内視鏡と比べると径は半分ほどですが、最近は経口内視鏡と遜色ないクォリティの検査機器も増えてきています。また、口から挿入する内視鏡とは異なり、スコープが舌の根に触れることはありません。したがって嘔吐反射(えずく)は起きにくいです。そのため検査中の苦痛をそれほど感じることもないので、鎮静剤の必要もないことが多いです。また、検査時に医師との会話ができるのも経鼻内視鏡の利点です。例えば検査中に違和感があればすぐに症状を訴えることもできます。

ただし、鼻に違和感があることに耐えられない、鼻の穴が先天的に小さい、鼻に何らかの病気(鼻中隔彎曲症、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎 など)があるといった場合は、経鼻内視鏡を口から挿入する検査となります。この場合、径が細いとはいえ舌の根にスコープが触れるようになるので、希望される方には鎮静剤を使用しますので、お気軽にお問い合わせください。

以下のような症状は胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)による検査をお勧めします

  • 喉や胸につかえた感じがある
  • 胸焼け、胃の不快感、上腹部が痛む
  • 吐き気、嘔吐、貧血
  • 急な体重の減少
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍を患ったことがある
  • バリウムによる胃の検診で異常を指摘された
  • 食道がん、胃がんを治療したことがある など

胃カメラによる検査で早期発見が可能な病気

  • 逆流性食道炎
  • 食道カンジダ
  • 食道ポリープ
  • 食道がん
  • 胃炎(急性・慢性)
  • 胃潰瘍
  • 胃ポリープ
  • 胃がん
  • 十二指腸炎
  • 十二指腸ポリープ
  • 十二指腸潰瘍
  • ピロリ菌感染症 など

検査決定からの注意点

内視鏡検査(胃カメラ)が決定したら、まずは日時をご予約ください。医師から内視鏡を受ける際の注意点(検査前、検査終了後も含む)などをご説明します。ちなみに現在服用されている薬があれば、事前にお申し出ください。このほか不安なことやご質問などもお受けいたします。気になることは一切遠慮せず、悩んでいることも含め、ご相談ください。

前日からの大まかな流れですが、検査前日は夕食を軽めにして21時以降は水を除く飲食は控え、早めに就寝するのが望ましいです。検査当日は、水以外の摂取は控えるようにします。当院に着いてからの流れですが、検査前に消泡剤を服用して胃内にある泡を除去していきます。そして検査室へと移動して鼻の中に麻酔をしてから内視鏡のチューブを鼻の中へと挿入して検査開始となります。左側を下にしてベッドで横たわっている間、胃などの内壁を隅々まで観察していきます。検査時間は個人差ありますが15分程度となります。

ピロリ菌検査

ピロリ菌検査も行います

当院では内視鏡を使用したピロリ菌検査も行っています。そもそもピロリ菌(正式名称:ヘリコバクター・ピロリ)とは、胃内で生息する4ミクロン(4/1000mm)ほどの病原微生物です。胃内は強力な酸性環境下にあるのでどんな細菌も生き抜くのは困難なのですが、ピロリ菌は胃内の酸性がまだ弱いとされる幼児期に細菌が入り込んで感染すると考えられています。なお感染経路の有力な説のひとつとして、ピロリ菌に感染している成人から食べ物を口移しすることなどして子どもに感染するといったことが言われています。

胃内に入り込んだピロリ菌は、ウレアーゼという酵素を産生することで、胃の中に存在する尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解し、このアンモニアで胃酸を中和することで胃内での生息が可能となります。なお、ピロリ菌は慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃がんなどの発症に関係していると言われており、これを除菌することでそのリスクも減るようになります。なお、感染したとしても直ちに慢性胃炎や胃潰瘍などの疾患が発症するわけではありませんが、除菌をしない限りは、大半の方の胃に炎症(ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎)が起きるようになります。これが萎縮性胃炎、慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍などを引き起こすようになるのです。

内視鏡によるピロリ菌検査

内視鏡を用いたピロリ菌の検査は、主に3つの方法があります。いずれも内視鏡で胃の組織を一部採取し、その組織を詳細に調べる検査になります。

培養法

採取した組織(ピロリ菌)を培養し、ピロリ菌が増えるかどうかを確認します。

迅速ウレアーゼ試験

ピロリ菌がもつ酵素(ウレアーゼ)のはたらきで作り出されるアンモニアの有無を調べることで、同菌感染の有無を判定します。

組織鏡検法

採取した組織を染色して顕微鏡で観察、ピロリ菌の有無を確認します。

除菌治療について

検査の結果、ピロリ菌感染が確認されたら、薬物療法による除菌治療が行われます。その内容ですが、まずプロトンポンプ阻害剤(胃酸を抑える薬)と抗菌薬のアモキシリンとクラリスロマイシンの計3種類の薬を1日2回、朝夕1週間の期間で内服していきます(一次除菌)。1週間の服用を終え、1ヵ月ほど経過してから、除菌判定の検査を行います。その結果、除菌がされていなければ、薬の種類を代えて再び1週間内服します。この薬物療法による除菌率ですが、一次除菌で70~80%、二次除菌で90%ほどと言われています。また副作用に関してですが、除菌治療を行うことで、下痢、発疹、肝機能障害、出血性大腸炎などが現れることもあります。

医院概要Summary

診療科目
内科・循環器内科・消化器内科・呼吸器内科
院長
陶山 勝郎
住所
〒578-0924 
大阪府東大阪市吉田1-1-2
パザパはなぞの2階
TEL
072-961-2176
最寄駅
近鉄河内花園駅より北側すぐ
パザパはなぞの2階
診療時間 日祝
9:00-12:00
14:00-16:30
健康診断(予約制)
17:00-20:00

休診:水曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日