近鉄河内花園駅前すぐ

072-961-2176

初診WEB受付
はこちら

禁煙外来

禁煙外来

呼吸器内科

現在喫煙をしている方で禁煙を始めたいという方を対象にした外来になります。まず治療を開始する前にこれまでの喫煙歴などをお聞きします。1日にどれだけ吸っているかなど、医師がその方の現状を充分に把握したうえで、適切な禁煙補助薬を処方していきます。

また薬物治療を開始した後は、医師が禁煙を行ったことでみられる効果や身体の状態などを確認していきますので、何度か通院する必要があります。なお通院時は単なる経過観察だけでなく、生活指導を含めたアドバイスもいたします。

保険が適用されることもあります

なお禁煙治療は、ある一定の条件を満たしていれば保険が適用されます。その条件を満たしているかどうかについては、初回診察時に医師が確認します。健康保険の対象となる条件は、以下の通りです。ちなみに条件を満たしていない場合は保険対象外と判定されるので、その方につきましては自費診療(全額自己負担)となります。

  • ニコチン依存症を診断するテスト(TDS:Tobacco Dependence Screener)で5点以上
  • 35歳以上の方でブリンクマン指数(1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上(例えば、25歳から1日15本喫煙している45歳の人なら、15(本)×20(年)=300であり、対象となります)
  • すぐに禁煙したいと考えていること
  • 医師から受けた禁煙治療の説明に同意し、説明内容に納得された時は、文書で同意(サイン等)すること

禁煙補助薬について

当院で医師が処方する禁煙補助薬は、貼り薬によってニコチンを少量摂取し、経口による喫煙を減少させていく禁煙パッチや、ニコチンが含まれないバレニクリン酒石酸塩錠(チャンピックス)という内服薬で、ドーパミンを少量放出させていくことでニコチン切れによるイライラ感を軽減させるほか、タバコを吸ってもおいしく感じさせなくなくなるという効果が期待できるお薬を用います。

これらの薬を使用する際の注意点ですが、禁煙パッチの場合、同じ位置に貼り続けていくと皮膚がかぶれてしまうこともあるので、毎日違う位置に貼るなどして予防対策をしてください。また、バレニクリン酒石酸塩錠(チャンピックス)は、うつ病を発症している患者様が服用すると症状を悪化させることが考えられますので処方はいたしません。そのほかにも、吐き気、不眠症、頭痛などの症状が報告されています。これらに心当たりがあれば、使用を速やかに中止し、医師へご相談ください。

医院概要Summary

診療科目
内科・循環器内科・消化器内科・呼吸器内科
院長
陶山 勝郎
住所
〒578-0924 
大阪府東大阪市吉田1-1-2
パザパはなぞの2階
TEL
072-961-2176
最寄駅
近鉄河内花園駅より北側すぐ
パザパはなぞの2階
診療時間 日祝
9:00-12:00
14:00-16:30
健康診断(予約制)
17:00-20:00

休診:水曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日