名称 陶山医院
所在地 東大阪市吉田1−1−2
パザパはなぞの2階
TEL 072-961-2176
FAX 072-966-3744
e-mail お問い合わせはこちら
診療科目 内科 外科
時間 午前9:00〜12:00
午後5:00〜8:00
休診日 ● 日曜・祝日
● 水曜午後・土曜午後
郷土と人物

河内のご紹介


私の医療圏は中河内にあります。河内といえば今東光和尚に紹介された悪名高き地域にありますが、東に生駒山脈を仰ぎ、西に大阪湾に向かって展望の拡がる極めて温暖な平和な地域です。特に私の住む河内花園は、旧大和川が淀川に向かって流れ込む土砂の堆積によって形成された三角州で、江戸時代『中甚兵衛』の努力で掘削された恩智川によって肥沃な一大平野に生まれ変わった所です。今日では、高校ラグビーのメッカ『近鉄花園ラグビー場』の地元としても全国的にも著名な所です。私はこの河内の自然風物を愛し、河内の人々の人情に包まれながら、人々を愛し、自然を愛でながら医療に従事しております。

中 甚兵衛
江戸時代までたびたび洪水を起こし、住民を苦しめた大和川。中甚兵衛は、その付け替えに生涯をかけた人です。50年近くも幕府に請願を繰り返したのち、ついに宝永元年(1704)、述べ240万人もの労力を注ぎ込んで、わずか8ヶ月で大工事を完成。その後、旧大和川流域は新田開発が進み、河内木綿の栽培もさかんになりました。

<<八尾市ホームページより抜粋>>
近鉄花園ラグビー場
近鉄花園ラグビー場は、昭和4年に日本初のラグビー専用グラウンドとして開場しました。全国高等学校ラグビーフットボール大会が開催されている同ラグビー場は、全国高校生ラガーのあこがれの地となっています。また、社会人ラグビーフットボール大会や数多くの国際試合なども開催されており、ラガーたちの檜舞台にふさわしい3万人収容のスタジアムです。サイドスタンド1階には「ラグビー資料室」があり、ラグビーの歴史や魅力を写真パネルなどのさまざまな資料で紹介しています。また、ラグビーボールの制作工程などの実物展示もあります(開館日はゲーム開催日のみ)。


<<東大阪市ホームページより抜粋>>

映画「悪名」と今東光
『悪名』

昭和30年代後半より、大映映画「悪名」シリーズが、勝新太郎、田宮二郎のコンビで大ヒット!一躍、河内八尾は河内弁のガラの悪さで有名になってしまった。原作、今東光による小説は朝吉の青年時代から徴兵にとられるまでの武勇伝。映画では死んでしまったモートルの貞こと田宮二郎が弟の清次として復活。戦争から帰った後の朝吉と大活躍。勝新太郎の初めてのシリーズ作で出世作となった記念すべき作品である。

『今東光』

原作者、今東光は横浜に生まれ画家をめざしたが、文学に転向し谷崎潤一郎のもとで川端康成等と活動を続けた。しかし突如仏門に入り昭和26年天台院住職として八尾市西山本に来る事になった。以後昭和50年迄、八尾に住む。檀家が36件しかない貧乏寺に暮らし風土にもなれ時間的余裕のあるなかでふたたび文学活動を再開し、茶道の会誌に千利休の娘を描いた小説「お吟さま」を発表し、この作品が直木賞授賞。これ以後一連の河内モノと呼ばれる小説を書き続け、その多くが映画化されている。八尾を舞台にしたこれら作品は「河内カルメン」「こつまなんきん」「河内ぞろ」「河内風土記」など。しかし当時、八尾の人々の多くは八尾をがらの悪いところと紹介したと今東光を嫌った。没後も行政や民間団体の一部では今東光記念碑や文学賞を唱える声もあるがいまだ実現していないところをみるとやはり八尾では人気がないのかも知れない。

<<八尾を紹介しているホームページ「八尾物語」より抜粋>>